• サマータイムに反対する声明を出しました

    現在、政府与党においてサマータイムという、「特定の期間だけ時間を2時間早める」という政策が検討されています。

    これはつまり、ふだん23時に寝て6時に起きている人であれば、21時に眠り4時に起きることを強制するシステムです。

    そのような無理なことを強いると、心身には様々な負荷がかかり、心筋梗塞や脳卒中の発症、うつ・自殺、交通事故の増加につながることが明らかになっています。

    また、現在かろうじて社会についていっている睡眠リズム障害の患者、特に多数を占める睡眠相後退型の患者に関しては、死活問題となります。

    この政策について反対する署名活動を行っております。

    https://goo.gl/hcsM5z

    また、これに並行して、政府への働きかけを行っております。

    ぜひ患者会活動への支援をお願いいたします。

    ☆J-CAST様等のニュースで取り上げられました☆

    800px-DaylightSaving-World-Subdivisions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です